~僧侶が発信するお寺メディア~

3.11東日本大震災

 はじめに

皆さんこんにちは、本日も國相寺ブログをご覧頂きありがとうございます。

本日311日は東日本大震災が起きてちょうど10年です。

 2010年3月11日

10年前の今日私は妹の卒業式へ行っていました。

帰ってくるとどのテレビをつけても津波の映像ばかり流れていて

一体何が起こったのかと、混乱していました。

ニュースを見た家族がみんな混乱していました。

何年か経ち、改めて東日本大震災の映像を見るとそれはそれは悲惨なものでした。

街は一瞬にして壊れ、人々が途方に暮れた様子が映っていました。

たくさんのご遺体が至るところから発見される度に

ご遺族の方々や救助活動をされていた自衛隊や消防の方々、ボランティアの方々は

私たちには想像もできないほどの辛く、苦しい思いをされていたことと思います。

何もできなかった私ですが、この震災で亡くなった方々が少しでも安らかに

お眠りできるよう、日々手を合わせたいと思います。

 毎日に有難う

人生何が起こるかわからない

戦争も、災害も、感染症も、昨日まで当たり前だった生活が

一気に変わることほど不安で恐ろしいものはないと思います。

私は、子供が生まれてからさらに強く平和な今と

それが変わることへの不安を感じる様になりました。

だからこそ日々手を合わせ、この生活が有難く幸せなことだと

感じることがとても大切だと思います。

高校生の頃はいつも「何かいいことないかな〜」とよく友達と言っていましたが

今となっては「このまま平和であってほしい」と常に思います。

10年前のこの日を決して忘れることなく、多くの方々に伝えて頂きたいです。

そしていま自分が生きていることへのありがたさを常に感じていかなければと思います。

改めて東日本大震災犠牲者の方々にご冥福をお祈り致します。

合掌

関連記事

PAGE TOP