~僧侶が発信するお寺メディア~

2月24日

はじめに

 

皆さんこんにちは、本日も國相寺ブログをご覧頂きありがとうございます。

本日、224日は当山の先先代、第27世静明院日完上人のご命日でした。

「静明院日完上人」とは御戒名でご存命の時は

「正岳上人」とお呼ばれになっておられました。

2月24日

正岳上人はわずか37歳で交通事故によりこの世を後にされました。

当時は現住職が生まれたばかりで、わずか1歳の頃だったそうです。

224日は正岳上人が日蓮宗大荒行四行を成満された2週間後のことであり、

現在の本堂が落成した翌年のことだったそうです。

現在の本堂はが建てられたのは、荒行中に出会われた

当時石村萬盛堂社長が正岳上人に帰依されたことがきっかけで

石村さんが本堂の建設に大貢献していただきました。

正岳上人は、石村萬盛堂の社長である石村さんをはじめ、

佐賀や福岡などに約5000人の信者さんがいらっしゃったそうです。

若いお上人の急な別れに親族、檀信徒の方々が深く悲しんだことでしょう。

國相寺と正岳上人

本日はお供物等をお上げし、お経をあげました。

今の國相寺があるのも正岳上人のご守護のおかげだと思います。

私も國相寺でお勤めさせていただいている身として

いつも正岳上人が國相寺を見守ってくださっていると思い

また改めて日々精進して参りたいと思いました。

関連記事

PAGE TOP