~僧侶が発信するお寺メディア~

初めまして、始めました

初めまして

皆様こんにちは。寺嫁のシナホです。

國相寺ブログをご覧いただきありがとうございます。

これから皆さんとのコミュニケーションツールの一つとして

このブログから発信させていただきたいと思いますので

どうぞよろしくお願い致します。

國相寺についてはHPの「國相寺ものがたり」をご覧ください。

國相寺との出会い

さて、一発目の投稿なのですが私と國相寺についてお話ししていきたいと思います。

これは正静上人との出会いにも繋がるのですが、それは一旦おいといて。(*´`*)

初めて國相寺を訪れたのは祖父の3日参りでした。

「こんなところに、こんな綺麗なお寺が!?」

、、、と思ったのが第一印象です。

愛敬通りはよく通っていましたが、いつも下ばかり見ていたんでしょうね。

遠くからでも見えるあの立派な楠木を20数年見落としていました(T_T)

三日参りまでに枕経お通夜お葬式火葬があり

移動も含め大変な上、

大好きな祖父との別れにエンエン(ω)涙していたので

三日参りは正直とても疲れていました。

しかし、國相寺の山門を潜った瞬間まず空気が違う(゚Д゚)

7月終わりの暑い季節なのに

森の奥に来たような新鮮で美味しい空気があり、少し涼しく感じる

この感覚に親族皆疲労を忘れて

うわ〜*・゜゚・*:....:*‘(*゚▽゚*)’*:.. ..:*・゜゚・*

、、、という感じになっていました。

檀信徒の皆様だったら共感ポイントですよね( ^ω^ )

参道を歩いて本堂に入ると

すご!!

と皆目が点になる程のキラキラして迫力ある本堂でした。

数々の諸天善神様に囲まれてあげていただいたお経を聞きながら

「じーちゃん、がんとこでお経あげてもろうてすごか〜!」

と思っていました。お経に集中しなさい!と言いたいですね笑

本当に有り難かったです。

それから、お経が終わりお茶を頂いてからというもの

三日参り終わったばかりでつい何時間か前までは

「じーちゃん(;o;)ありがとう(Д`)ノ」と泣いていた

親戚女子一同は正静上人に興味津々で。。。(^_^;)スミマセン

そんなこんなで初めての國相寺は

とてもとてもいい場所!(色々な意味を含む)

とみんな清々しい気持ちで後にすることができました。

これが私と國相寺との出会いです。

本当にご縁で、本当にありがたいです。

さて、次はどんな話をしましょうか。

お楽しみに!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP