~僧侶が発信するお寺メディア~

お彼岸供養

はじめに

皆さんこんにちは、本日も國相寺ブログをご覧頂きありがとうございます。

もうすぐお彼岸ですね。

お彼岸とは

お彼岸は1週間あります。

ご先祖さまの供養も大切ではございますが

1週間かけて自分自身の修行をする期間でもあります。

今自分がいる世界の川の向こうに仏の世界があります。

川を渡れば仏の世界へ行けますがそれでは今いる世界は変わりませんね。

「今、自分がいる世界をどのようにして仏の世界とするか」

今の自分をいかに変えるか、お彼岸1週間かけて自分の修行をします。

修行という名の自分磨き

では、自分の修行として何があるのか。それは、

受持(お経を頂く)

読む(お経を読む)

誦(お経本を見ずにお経を唱える)

解説(お経を理解する)

書写(お経を書く)

、、、以上があります。

これを「五種法師」といいます

それぞれ今の自分に必要なことをこの一週間で知り、行ってみましょう。

コロナ禍の今だからこそ、お経の大切さ、ありがたさをしっかり感じましょう。

國相寺では19日11時よりお彼岸法要を行います。

感染対策をしてお越しください。

また発熱、倦怠感等がある場合はご遠慮ください。

関連記事

  1. お墓 建てる理由
PAGE TOP